September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

シルバーウィークのご褒美

JUGEMテーマ:映画

我ながら良く働いた純銀週間でした。

というわけで、自分へのご褒美が届きました。

南インド料理食べさせられ放題!!

JUGEMテーマ:映画

本日のメインイベント、マサラワーラーによる南インド料理食べさせられ放題。

オールベジタブル料理なのにすごい迫力で、満席のお客さんも量、味共に大満足のご様子。

次は11月3日(土)『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』の懇親会で。

これは癖になる!

 

12/1〜実相寺昭雄十三回忌企画「実相寺昭雄監督特集」概要決定!

JUGEMテーマ:映画

年末に十三回忌を迎える実相寺昭雄監督の特集上映を12月1日から1週間行います。

特集内、12月1日「悪徳の栄え」上映後には寺田農さんを、12月2日「悪徳の栄え」上映後には清水紘治さんをゲストにお迎えしてのトークイベントを開催。

更に最終日12月7日には、実相寺昭雄研究会編集による未公開秘蔵映像の蔵出し上映と、桜井浩子さんのトークショーが行われます。

チケットは9月30日午前10時より発売開始。

それに先駆け、前日の9月29日に開催される「カミナリお転婆娘」上映会内で、座席指定サービス付き先行販売を行います。

年末のビッグイベント、チケットはお早めにどうぞ!!

前売り開始のイベント

JUGEMテーマ:映画

昨日から10/13『私の人生なのに』、11/10『貌斬り KAOKIRI』、11/24『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』のチケット販売開始しました。

オンラインチケットセンター、あるいは劇場窓口でお買い求めいただけます。

9/29『カミナリお転婆娘』上映会は絶賛前売中!

JUGEMテーマ:映画

日活の名女優・清水まゆみさんをお迎えして開催する9/29『カミナリお転婆娘』上映会。

往年のライトコメディが、比較的プリント状態の良い環境でご覧いただけるのに加え、主演の清水さんに黄金時の日活スタジオのお話をたっぷりとお伺いするロングトークショーもお楽しみです。

また、12/1から開催の実相寺昭雄監督特集の座席指定付き先行販売も行いますので、ぜひご利用下さい!!

http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=9%2F29

今週末のイベント残席状況

JUGEMテーマ:映画

シルバーウィーク後半の3連休、まずは22日(土)『タッチ 背番号のないエース』上映会です。

ゲストは杉井ギサブロー監督と遊佐かずしげ作画監督のお二人。

遊佐かずしげ作画監督は『タッチ2』で自身が手掛けたシーンのセル画をお持ちくださるそうです。

残席6ほどございますので、当日券も販売予定ですが、明日午前10時まで発売中のお得なオンラインチケットをぜひどうぞ!

翌23日(日)はお待たせ、放送50周年記念『巨人の星』スペシャル。

シリーズ初期のエピソードを手掛けた名脚本家・辻真先さんと、明子の声を演じた白石冬美さんという最初で最後のレアな顔合わせでお送りするスペシャルイベントです。

こちらは一般席1、補助席5が残っています。

当日券も出る予定ですが、お得なオンラインチケットがおススメです。

http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%B5%F0%BF%CD%A4%CE%C0%B1

そして連休最後の24日(月・祝)は『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』。

こちらは前売完売につき、当日券の販売はございません。

同イベントは11月3日(土)と12月9日(日)にも開催しますので、今回参加いただけなかった皆さんはぜひ此方をお買い求め下さい!!

http://cinema1900.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%A5%E9%A1%BC%A5%DE%A1%BC%A5%E4%A5%CA

週刊朝日最新号に掲載されました

JUGEMテーマ:映画

大坂なおみ選手の前のページに載っけていただく好待遇。

取材記者さまの映画愛には感謝の一言であります。

国立フィルムアーカイブ

JUGEMテーマ:映画

久々に行ったら中も外も随分様変わりしていて驚いた。

ずいぶん知った顔も多かった。

デビュー作『ビッグリーガー』は習作的出来栄え。

ただ、試合シーンはリチャード・ジャッケルが本当に投げてるし、変にカット割りしていない分リアル感あり。

そのジャッケルのキャラが、男気アルドリッチ印でした。

『悪徳』は昔WOWOWで観たときよりも迫力が違った。

密室劇に近い作りながら、やはり、ビスタサイズ大スクリーンで観ると受ける印象が段違い。

出番は少ないながらも、ロッド・スタイガーの悪徳プロデューサーは、のちにエディ・アルバートが完成させる尊大ながらも実は小心者の悪役像に繋がっていく。

いろいろ見応えのある作品でした。

12345>|next>>
pagetop